行財政改革

  1.  効率的な行政運営により財政調整基金を大幅増額
     平成 19~26 年度で約 22 億円増
  2.  人件費と職員数を削減 平成 18~26 年度で△11 億 8 千万円、△108 人
  3.  事業仕分けによる削減
     平成 20~25 年度で廃止 16 事業、民営化 11 事業
     削減額△5260 万円
  4.  提案型公共サービス民営化制度、行政評価を実施
  5.  柏市、印西市との広域行政を推進  (コミュニティバスの乗り入れ運行)
  6.  柏市と消防指令センターを共同運用
  7.  手賀沼・手賀川を活かした広域まちづくりを推進
     (我孫子市・柏市・印西市・国・県)
  8.  水道料金を 8%値下げ (平成 22 年 4 月)