ご挨拶

 星野市長は、9月の市議会にて平成 27 年1月の市長選に出馬す ることを正式に表明致しました。いよいよ星野市政3期目に向け た活動の火ぶたが切って落とされました。


 これまでの8年間における星野市長の業績をみますと、震災対 策、27 年続く待機児童ゼロ施策のさらなる継続、市内の防犯対策、 教育の中立や安定など、目を見張るものがありますが、なかでも 特筆すべきは、なんといっても財政改革でしょう。


 市政を前任者から引き継いだ時の市の貯金とも言うべき財政調 整基金は、わずか2億5千万円しかなく、その年の職員のボーナ スの支払いにも事欠く有様でした。まさに初めから借金スタートだ ったという事です。それが現在は全基金合わせて 60 億円にまで 増額するに至りました。この額は、わかりやすく言えば今からでも すぐ市民会館の着工も可能ということです。

 

 かようなわけで、3期目の星野市長には8年間の実績とノウハ ウを生かして、さらなる高い目標にチャレンジしていただき、大輪 の花を咲かせていただきたいと切望し、また期待しております。

 

ほしの順一郎後援会 会長
(元 我孫子市医師会 会長)
会長 佐藤雅教

魅力ある我孫子の未来のために、我孫子市長 星野順一郎 を応援します。

 私たちが《ほしの順一郎市長を応援する理由》は次のとおりです。

  • 大きな声には立ち向かい、小さな声には心を寄せること
  • 是々非々が一貫しており、考えていることをズバリ言うこと
  • 地域の子どもたちの将来を案じていること
  • 何よりも、美しい手賀沼の復活を目指していること
  • 成田線の複線化を公私ともに強く望んでいること
  • 現在の介護保険制度導入時、政府案の不具合を指摘し、福嶋浩彦前我孫子市長とともに制度の変更を求めるなど健康福祉政策に明るいこと